【倶留尊山】亀山~倶留尊山縦走

山行概要

山域 倶留尊山
亀山(849m)、倶留尊山(1037m:日本三百名山)
日付 2018年6月3日(日)
アクセス 曽爾高原駐車場を利用
●\600-/日
●150台収容
●曽爾高原ファームガーデン(登山口まで45分、150台収容)に無料駐車場あり
行程 9:10 曽爾高原駐車場 – 9:31 亀山 – 9:46 亀山峠 – 10:20 二本ボソ – 10:52 倶留尊山 – 11:31 P897 – 11:40 西浦峠 – 12:03 七曲りを降りたところにあるベンチ(昼食1h) 13:07 – 13:18 池の平分岐 – 13:31 中太郎上太郎分岐 – 13:39 くろそ山荘 – 13:42 亀山峠登山口 – 14:06 亀山峠 – 14:27 曽爾高原駐車場
コース状況 ●二本ボソ以降のルートは私有地となるため入山料(\500)が必要です
●有料区域(倶留尊山の山頂を含む)においては火の使用はできないので注意
●二本ボソ~倶留尊山までのルート上にロープ場あり
●倶留尊山~P897までのトレースがかなり薄いです。GPSを利用するかもしくはリボンを見失わないよう注意して進んでください。
●亀山峠登山口から亀山峠は最後の急登(30分)。ルート終盤で体力も削られているため結構キツイです。
下山後の温泉 曽爾高原温泉 お亀の湯(奈良県宇陀郡)\700-/休日
●☆☆☆☆(4/5点)
●露天風呂が広くて気持ち良いですが、かなり混雑しています
(日曜日の15時頃)

●曽爾高原駐車場から車で5分
GPSログ
※カシミール3Dにて計測
所要時間:5時間17分
直線距離:9.5km、沿面距離:10.1km
最低標高:572m、最高標高:1037m
累積標高:1076m
昼食 山ごはん
●ハッシュポテトのせカレーライス
夕食 秋吉 香里店(大阪府寝屋川市)
●焼鳥

 

ルート

 

GPXファイルのダウンロード

 

レポート

 初めての曽爾高原は、想像以上に素晴らしかった。登山口から5分ほど歩くとお亀池に到達。眼の前には雄大な曽爾高原が景色が広がっています。

 素晴らしい景色に後ろ髪を引かれつつも、一旦来た道を少し戻って亀山へと続く道を進みます。

 登り始めて20分ほどで、本日1つ目の目的地である亀山(849m)に登頂!

 上からの景色もまた素晴らしい!

 亀山以降は稜線をアップダウンしながら進んでいきますが、途中にはこんな岩場も。三点支持で慎重に登っていきます。

 亀山から15分ほどで亀山峠に到着!

 亀山峠から本日の目的地である倶留尊山を望む。

 亀山峠から15分ほど歩くと展望広場(標高:900m)に到着。

 展望広場からお亀池を見下ろした景色も素晴らしい。

 さらに15分ほどで『二本ボソ小屋』へ到着。ここから先は私有地となるため、入山料(\500-)が必要です。

 こちらが入山に必要となるチケット。帰りに半券を渡してくださいと言われたのですが、帰りはここを通らないのですが。。。

 小屋を超えるとすぐ二本ボソ山頂(980m)へ到着。ここは以前、山頂に二本のホソの巨木がありこの山の目印になっていたことが由来だそうです。残念ながら現存していません。

 すぐそばに『イワシの口』という看板が。。。進んでみると倶留尊山の東側の景色が広がっていました。

 さらに進むと少し道が険しくなりますが、危険な箇所にはロープが設置されています。

 ルートのそばには索道も。

 二本ボソ小屋から30分ほどで、本日の2つ目の目的地である倶留尊山(1037m)に到着!

 まだ11時前ということで昼食には少し早いので、小休止の後、さらに先へ進みます。山頂には先行する4~5組のパーティーが休憩していましたが、ほとんどのパーティーは来た道を引き返していたようです。倶留尊山から北へ進むルートはマイナーなのかな。。。

 少し進むと倶留尊山の北側にある小屋に到着。以前はこちらでも入山料を徴収していたようですが、誰もいませんでした。以前は入山チケットの半券はこちらで回収していたのかもしれませんね。この小屋を超えたあたりからトレースがかなり不鮮明になります。一応ルートを示すリボンはついているもののGPSを頼りに、迷わないよう慎重に進んでいきます。

 倶留尊山の山頂から40分ほどでP897に到着。と言っても何もありません。かろうじてあるのは木に吊るされた矢印の看板だけ(汗

 さらに進むと10分ほどで西浦峠へ到着。ここから『七曲り』と呼ばれるつづら折りの急坂が続きます。

 七曲りを降りたところに休憩できるベンチを発見。ちょうど時間も12時なので、ここで昼食を取ることに。久しぶりにメスティン登場!ご飯を炊きます。

 ジャジャ~ン!完成です!!『ハッシュポテトのせカレーライス』。お気に入りのセブンイレブンで購入したレトルトの『欧風ビーフカレー』に、同じくセブンで購入した『ハッシュポテト』をのせてみました。食べてみるとハッシュポテトがカレーに良くマッチしていて、とても美味!!

 食後は珈琲も淹れました。山のキレイな空気と珈琲の香りにとても癒やされます。。。

 のんびり昼食をとっているといつのまにか1時間も経過していました(汗。そろそろ先へ進みます。5分ほどで登山道は終了し、長閑な田園風景が広がりました。

 しばらく進むと『くろそ山荘』の売店がありました。営業されていませんでしたが、調べてみると2010年頃には営業されていたというブログがありました。

 さらに進むと『くろそ山荘』がありました。貸物件の看板が掛けてありましたので、残念ながら現在は営業されていないようです。営業されているうちに一度宿泊してみたかった。。。

 くろそ山荘を超えるとすぐに亀山峠への登山口に到着。ここから最後の急登です。コースもいよいよ終盤、ラストスパート!!

 なんとか最後の急登もクリアして、亀山峠に戻ってきました。

 帰りは曽爾高原を通るルートで帰ります。

 お亀池から望む景色はやっぱり素晴らしい!

 14時27分、曽爾高原駐車場に無事戻ってきました!お疲れ様でした!!

 登山後の温泉は、駐車場から車で5分のところにある『お亀の湯』。広い露天風呂にぬるっとしたお湯。まさに極楽、気持ち良い!!

 温泉の後は、車で自宅まで移動。お待ちかねのビールです!

 キンキンに冷えたビールは、最高ですね!この一杯のために登っていると言っても決して過言ではありません。生きてて良かった!登山最高!!

 今日の夕食は、お気に入りの焼き鳥屋さん『秋吉』です。ネギマにピートロ、何杯でもビールが飲めそうです!

 今回のルートは、とてもバラエティに富んでいて最後まで飽きることがありませんでした。曽爾高原の緑の草原、倶留尊山の岩、ふかふかの落ち葉を進む広葉樹林帯、杉林、長閑な田園風景。このように次々と変わりゆく様々な風景を楽しめる登山はそうないと思います。今度はすすきの季節に、また来てみたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です